Hold Me Jesus 2

北海道在住のジーザスフォロワー・taikaのブログ。CFNJ聖書学院にて研がれる日々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


●昨日の晩は、新婚の友人ヒカルとayaちゃん夫妻のお宅に
伺って夕食会だった。
一昨日ゴッズトークを繰り広げたmakiさんも一緒。

makiさんは若い世代の成長に興味がある人だ。
そして、帯広でユースが元気な教会といえば、
ヒカルとayaちゃんの通う栄光教会だから、
これは是非、繋げられたら嬉しいと思って誘わせてもらった。

…結果は大成功で、4人とも神様の御霊(みたま)に
満たされまくった、ミタマックス状態で
いろいろ分かち合いができた。

その間、3時間。ゴッズトークの平均は3時間なのか??(笑)。





hmj2-8.jpg






美味しいお肉を頂きながら、それぞれのビジョン、
ヒカルとayaちゃんの新婚生活や授かったお子さんの話、
燃えてる北海道の若きクリスチャンの話、
僕の聖書学院進学や、栄光教会でこれから行われるイベント
(これがまた大がかりなんだわ)の話など、た~っぷりできた。

新婚さんとは初対面のmakiさんもすぐに打ち解けて
ayaちゃんとゆっくりお喋りできたようで本当に良かった。
しかも、makiさんの家が新婚さんの家から歩いて来れる
距離にあると判明!

妊娠中のため家で寂しく過ごしていたらしいayaちゃんと、
帰省中で時間のあるmakiさん、
これですぐに会えそうだし、良い友人にもなれそうだ。

いや、神様のされることってまじで奇麗に整ってるね!




hmj2-7.jpg

左から、makiさん、ayaちゃん、ヒカル





帰り間際、4人でお互いの課題を出し合い、祈った。
さっき会ったばかりの人たちが、こうしてそれぞれの
人生を分かち合っている。感動的だったよ。

神様ファミリーって、本当に良いね^^
どんどん、帯広でも教会の垣根をこえて、繋がっていきたい。

もてなしてくれたヒカル&ayaちゃん夫妻に感謝!
そして、お部屋に素敵なソファーが与えられますように(笑)。






hmj2-9.jpg






★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
神様と歩むライフスタイルを知って欲しいです。
応援クリックしていただけると、本当に嬉しいです!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

hmj2-4.jpg






●さて今日は昼過ぎ、一昨日うちの教会に来てくれた
Tさんことmakiさんと落ち合って、近くの喫茶店まで行った。

帯広に帰省中のmakiさん、現在無職透明なわたくし。
時間はたくさんある。
3時間、みっちり神様トークで盛り上がった(笑)。
基本的に人見知りの僕が、
出会って2回目の人とこんなにしっかり話せるなんて、嬉しい。
これが不思議な神様ファミリーの繋がり方だね!




hmj2-5.jpg






makiさんとは、
「どうしたら若い世代を教会に招けるか、
繋がりを持っていけるか」というビジョンが似ているので、
意見がすごく参考になったよ~。

実際、本州で通っていた教会でしていた取り組みの話も
聞けて、それがきちんと人を呼んでいるのに驚いた。

本質は変えず、型にはまらない活動。

ゴスペルやフラダンス、HIPHOPなど、
若い世代やノンクリスチャンの人にも敷居を低くすること。
きちんと教会のメンバーがそれぞれの役割を持って、
できるだけ”お客さん”状態の人を無くすこと。

皆、神様から与えられた賜物、良いギフトがあるからね。
それを見いだして、誰もが当事者として
教会に関わっていくのって、素晴らしいと思う。

どうりで人が集まる訳だ。

それから、自分のクリスチャンとしての賜物を見いだせる
チェックシートまで貸してもらえた。
さっそくやってようっと。

…そして明日は、友人ヒカルとayaちゃん夫妻との夕食会だ。
makiさんも一緒に来てもらえることになり、
ますます帯広勢の繋がりが深まっていきそう。楽しみ!









hmj2-6.jpg







●それからお知らせ。

ヒカルとayaちゃんの所属する帯広栄光教会主催で、
ユースライブが開かれることになりました。
帯広でそんな大々的なイベントが開かれるとは感動です^^

神様やってくれるね~!

タイトルは「FIGHt」。
栄光教会に所属する若いバンド、アーティストの皆さんが
一挙に出演します。司会はヒカル。

場所はメガストーンという市内のライブハウス。
3月22日の月曜日、16:00からのスタートです。
入場料は前売り300円、当日は400円とリーズナブル。

僕は残念ながらその頃には札幌なので行けないけれど、
帯広在住の方、ぜひぜひ足を運んでみてください!

僕も祈りで応援します~。





★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
神様と歩むライフスタイルを知って欲しいです。
応援クリックしていただけると、本当に嬉しいです!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村





●27日。面接を終え再びバスで札幌市街まで戻る。
帰りに都合が良いからと、大通りのリッチモンドホテルに
泊まることにしていた。荷物を置いてせっかくなので
街を散策しようと外へ出る。

するとすぐ近くにCLC、クリスチャングッズをあれこれ
扱っているお店があったではありませんか!?
そんなことはまるで知らずにホテルを選んだので、
驚き喜びながら信仰書など見て回る。

ブログランキングでもお馴染みの、進藤龍也先生の本、
『人はかならず、やり直せる』があったので、
バイブルminiと共に購入。





人はかならず、やり直せる人はかならず、やり直せる
(2010/01/20)
進藤 龍也

商品詳細を見る






カウンタースタッフの方と、何故かblogの話になる。
何と盟友、にっちのことをその方は知っていた。
「いや、晩に会うことになってるんですよ~」と、
主の繋がりにまた驚く。

…にっちとは、10時過ぎに会うことになっていた。
ホテルに戻り、再会を待つ間、早速進藤先生の本を読む。
また感想は改めて記事にするけれど、
凄まじく、そして素晴らしい証だった。
バイブルは、そして神様は本当に人を変えてくれる、
何度でもやり直させてくれると思えた。




DSC_0314_convert_20100130190014.jpg






そして時が来て、にっちと再会した。

僕と同郷で同い年のにっち。
信仰を共にする友にして、blogの大先輩でもある。
わざわざ夜遅くに、車で出て来てくれた。感謝!

直接会うのがまだ4回目と思えない。
立ち寄ったファミレスで、時が経つのも忘れるぐらい、
たくさんのことを分かち合えた。




DSC_0317_convert_20100130190234.jpg






飄々と喋るにっちは突っ込みどころ満載で、
血が騒いだよ(笑)。

特にblogのことを聞きたくて、あれこれ尋ねた。
にっちの証がどうしてたくさんの人々を
惹きつけてやまないのか、知りたかったんだ。

でも話を聞いているうちに、
にっちの飾らない姿勢や謙虚な態度、
内に秘めた熱い信仰を読む人が感じるからこそ、
あれだけ支持されるんだなと思えた。

にっちには、分け隔てなく人を受け止める力がある。


…爆笑トークを通して、
お互いのトホホなへなちょこぶりも確かめ合えたし、
僕が札幌に本格的に出て来たら、
是非、一緒に主のために何かしたいと、
ビジョンも語り合った。


本当に久しぶりに、同世代の友を与えられて、
その人のことを尊敬できるというのが嬉しい!

信友として、親友として、心友として、
これからも付き合っていきたい、大切な仲間だ。




DSC_0320_convert_20100130190307.jpg






札幌行きの期待が、ますます高まりそうです^^
神様、ありがとう!!

(この再会のことを、にっちも記事にしてくれました^^→「心友。」)



★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
神様と歩むライフスタイルを知って欲しいです。
応援クリックしていただけると、本当に嬉しいです!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村




DSC_0309_convert_20100129225325.jpg



●1月26日、火曜日。
高速バスターミナルのある駅まで、
母が車で送ってくれる。
「良い結果が出るといいねえ」
ノンクリスチャンの母がそう言ってくれた。

じゃがいもバスことポテトライナーに乗り込み、出発する。
4時間の旅、BGMはグローイングアップの
「永遠歌」でいよいよ気持は盛り上がる。

…札幌は細かな雪模様だった。
バスを乗り換え、さらに学院のある郊外へと向かう。
途中から吹雪に変わり、目的地に着く頃には、
窓から何も見えないほどだった。




DSC_0310_convert_20100129225357.jpg






革靴を履いてきたのを猛烈に後悔しつつ、
雪の中を埋まりながら歩いて学院到着。
寮の部屋に案内してもらう。
面接前に早くも寮生活を味わえることになった。
そして話は膨らみ、なんと次の日、
午前中は授業を聴講してから面接を受けられることになった!





DSC_0311_convert_20100129225427.jpg






部屋はユニットバスもあり、小さなホテルといった印象だ。
荷物を置いてしばらくすると、学院生の皆さんが来てくれて、
学院じゅうをくまなく案内してくれた。

滞在中、本当に驚いたし嬉しかったのは、
この学院生の皆さんの温かさだった。

何しろこんなサービスまでしてくれたんだ。





DSC_0312_convert_20100129225454.jpg






晩、皆で食堂に集い、評判の美味しい食事を頂く。
人見知りの三十路くんをフレンドリーに迎えてくれたので、
寛いでお喋りまでできた。
普段の僕からは考えられないよ。

心震えながら一泊させてもらい、
27日の朝は合同ディボーションから始まった。

リーダーの方が選んだ箇所を見てびっくりした。
というのも、まさにその言葉に背中を押されて、
聖書学院の受験を考えたところだったからだ。

少し長いけれど紹介する。

「兄弟たち、あなたがたが召されたときのことを、
思い起こしてみなさい。人間的に見て知恵のある者が
多かったわけではなく、能力のある者や、家柄のよい者が
多かったわけでもありません。ところが、神は知恵ある
者に恥をかかせるため、世の無学な者を選び、
力ある者に恥をかかせるため、世の無力な者を選ばれました。」

(第一コリント1:26-27)


選ばれしエリートでもない。
きわだった取り柄もない僕が「召される」ことがあるとしたら、
それはこの言葉によるものだと思う。思ったんだ。

自分の力など無いからこそ、そこに神様の力が及ぶと
信じられる。そう思って、受験に来た。

その後の朝の賛美集会も素晴らしかった。
毎日、心から賛美を捧げて1日を始められるなんて、
本当に特権だと思った。

体験で受けた授業も、とても興味深かったよ。

そしていよいよ、昼食後に学院長との面接だ。
気さくに話しかけてくださり、45分間、たっぷり
分かち合いができた。
不思議と、全く緊張しなかった。

その場で3月からの入寮の話も出て、
最後は学院長がハグをしてくれた。

…内定、だ。


そうして、僕は学院を後にした。
色々な意味で、感謝することばかりだったし、
こんなに愛のこもった試験を受けたのは、
生まれて初めてだった。

学院の皆さん、ありがとうございました!





●本日は金曜日につきDLC、
我らが教会のユースで集まった。

後半の賛美練習では、「鹿のように」をやる。

勝手に恒例となった動画、ご覧下さい^^









★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
神様と歩むライフスタイルを知って欲しいです。
応援クリックしていただけると、本当に嬉しいです!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村




SAIKO15.jpg

↑泊まらせてもらったゲストルームの窓辺





●さて後編。いよいよ本番の結婚式レポートです。

例によって早起きしてしまったので、祈ったり本を読んだりして過ごす。学園を主催されているK先生の奥さんが、心づくしの朝食を作ってくださり、ありがたく頂く。まさかホットコーヒーが飲めるとは思ってなかった。バイブルそのままに、旅人をもてなして下さって感謝だ。

Nくんの車で七飯から函館に向かう。ホテルに着いてカメラの準備など怠りなくしているうちに、とうとう結婚式が始まった。来場者なんと260名だそうだ!会場にみっしりと人が詰まっている。ヒカルとayaちゃんが繋がってきた、そして関わり種を蒔いてきたものが、こうして大きな実を結んでいる。





saiko16.jpg





saiko17.jpg

↑新婦の入場。ayaちゃんの鮮やかな笑顔がいいね!




saiko18.jpg

↑ayaちゃんのお父様が手作りした十字架に向かって歩いていく…




saiko19.jpg

↑祈りをもってはじめます




saiko20.jpg

↑賛美前の2人





式は祈りと賛美、バイブルからの結婚の教えと進み、いよいよ2人が神様と会衆の前で結婚の制約をする時が来た。長い交際期間の7年あまり、どれほどこの日を夢見てきただろう。でも浮ついたところはひとつもなく、真剣な面持ちだった。





saiko22.jpg






saiko23.jpg





saiko24.jpg

↑指輪の交換中




saiko25.jpg

↑この笑顔が全てを物語っている気がするよ☆




saiko26.jpg

↑司式をしてくださった栄光教会のM先生





また賛美をし、祝祷の後、晴れて夫婦となったヒカルとayaちゃんは退場する。友人たちからかけられる「おめでとう!!」の声。主を信じる者にふさわしい、幸せな式だったよ。

そして祝賀会。これまた広い会場の丸テーブルに人がぎっしりで、芸能人の結婚式のようだった(笑)




saiko27.jpg

↑ケーキカットの瞬間には、尋常でないほど人が集まって写真を撮りまくってた





DSC_0197_convert_20091013210013.jpg

↑2人の想い出のムービーも満載





saiko28.jpg





saiko29.jpg

↑記念写真希望の皆さんも列をなしていた~




…出てくる美味しい中華料理を食べている合間合間に、写真を撮りに席を立つ。途中、かわいらしいお嬢さんたちが近くに来て挨拶してくれた。ブログを通じて知り合いになったあゆぽさんと、1月にマッシュの会で帯広に来てくれたYさん。こうしてリアルに、実写で会うのも不思議な経験だ。僕は人見知りモードが炸裂、ヒトミシュラン5つ星を自認するだけに、あまり会話もできなかったけれど、ありがたかったなあ~。





DSC_0227_convert_20091013205436.jpg





saiko33.jpg





祝福の大きなうねりが漂う中、つくづく感じた。これは主の御業なんだなあと。会場にはたくさんのノンクリスチャンの方がいらしていたけれど、神を信じる者の結婚への姿勢とか、ムービーで流れた教会生活の自然な姿、賛美や祈りを通して、いわゆる普通の結婚式とは違う何かを感じてくれたにちがいない。若いカップルを通して、多くの人に主が紹介されている。そんな時間で僕は感動した。


ヒカル、ayaちゃん、これからも結婚生活を通して、たくさん主を証していってね!
素敵なものを見せてくれて、ありがとう!お幸せに!





saiko31.jpg






★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。