Hold Me Jesus 2

北海道在住のジーザスフォロワー・taikaのブログ。CFNJ聖書学院にて研がれる日々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |








ブログの変化に伴って、僕自身の物の感じかたも、大きく変わっていきそうだ。



今日、ある方からメールをもらった。それは最近の僕がしていることを、

感じてる極端な考えを諫めてくれる、心から感謝できる内容だった。



耳には痛かったよ。でも、本当の忠告は痛いものなのだと思う。



自分は一人の考えで行き過ぎていたし、

真の意味でバイブルとJesusに助けを求めていなかったな…とも思った。



僕はチャーチそのものに幻滅しているとか、意味がないとか思っているわけではない。

そこにキリストの息吹が感じられるのであれば、

本当に人と神様とが絆をしっかりと結べる、

素晴らしい場所になるのだと信じている。



メールをくれた方が通っているチャーチは、折にふれて自分が、

「こうであってほしい!」と願う、まさに理想の場所だ。



理想のチャーチ、それをネットを通して目の当たりにしていながら、

なかなか自分の通うチャーチにはその絆が見出せず、

その差に気づき悔しかったのかもしれないし、かなり自暴自棄になっていたのかもしれない。



僕はイソップ童話に出てくるキツネみたいに、高い木になっている葡萄を、

「高いから」って理由だけで諦めてしまっていたのかもしれない。



でもそれは…本物を求めたい気持の裏返しだった。

言いわけでも、自己正当化でもなくてね。



極端な行動とブログでの言動で…チャーチそのものに対しての偏見を植え付けるのは、

神様の本意ではない。



だからよく考えて、しっかり間違いを改めることにした。



今しばらく祈って…心の奥底にあった、自分の真のニーズが浮かび上がってきた。



それは「愛されたかった。愛を実感したかった」

「無条件で受け止められたかった。認められたかった」
というものだ。

ひえ~~~~~~!恥ずかしいんだけどさ~~~~[:びっくり:]



勿論それは、神様が僕らに示してくれていることだし、

Jesusが十字架のうえで、身をもって与えてくれているものだ。



それは知っていたつもりだった。

ただ…本当に「実感」はしてなかったのかもしれない。



小学生ぐらいのころからかな、僕は演技をはじめた。

クラスメイトや先生、それから特に両親には心を閉ざし、本心を隠し続けてきた。

別に虐待を受けたとかではない。

ただ2人とも忙しかったんだ。

そしてクラスメイトに、気持を本気で打ち明けられる人もいなかったんだ。



いつしか表につけていた“良い子”の仮面が固く固くなって、

取れなくなっていった。



加えて、自分の国籍とも折り合いがつかず、

アイデンティティーをうまく作れなかった。



虚勢を張っても、信念はない。

本心を誰にも出すことができない。

内圧は高まって、高まって、

それが「証」にも書かせてもらったような盗みなんかの罪、

自暴自棄へと繋がっていったんだ。



でもずっと求めていたんだろう。



こんな自分では駄目だ、もうここまで来たらそのままでは

受け入れてもらえない。赦してもらえないと思う心中に、



「今の俺のままで受け入れてほしい!!

たったひとりの人でも!」という願いを。



韓国へ行って神様を知った。



チャーチの多くの人は、何者でもない、

むしろ他者から好かれる要因ゼロの僕に、

愛をもって接しようとしてくれた。



でもそのときは、自分の心に築いた壁があまりにも厚く、

そのままには全く受け取れなかった。

この中には、本当に俺の側にたってくれる人なんかいない、って、

すねてた。甘えた根性なんだけどさ。



ただ、じわじわとは温かいものを受け取っていたんだと思う。



その時の僕と今の僕とでは別人だから。



「…深い諦めが自分を形作ってきた」



そのことも今日、改めて再確認できた。

結局のところ、僕は、自分がコミュニティーの一員になったり、

深い絆を結んだりできるとは、本気で信じていなかったんだ。



今まで、そうしたことがなかったから。



愛をそのままで受け取ったことがなかったから。



神様の愛も。人からの愛も。



好意に触れるたび、それが無くなってしまうのにおびえた。

今はいいかもしれない。でも、俺がこんなに駄目だから、

そのうちあなたは見限ってしまうはず。



「…ほら、やっぱりね」



それが完全にパターンになってたんだね。



そんなの間違ってる、何とか癒されたいとは、

奥底で切望してても、どこかで慣れ親しんだパターンにしがみついてた。

ある意味では楽なことだし、怖い思いをしなくていいから。

またか、って思えばいいだけのことだから。



でも、その手を放すように教えられた気がするんだ。

そこから新しいことが、おそらくは善きことが始まる気がする。



こうして、たくさんの過ちを犯して、

勘違いをして、人にも釈然としない想いを与えてしまう自分だけど、

神様はありのままで、今の僕から始めさせようとしてる。



これから、正直になるよ。



僕は寂しかった。本ッ当に寂しかった!!

誰も自分のことなんかわかってくれないと思いながら、今まで生きてきた。



今、僕は愛されたい。愛を知って、そして誰かを愛したい。

神様を愛したい。



それを実感したいんだ。

それを実感したい!



頭の中で納得するんじゃなくて、自分の全部で受け取りたい。




それだけだったんだ。ほんとは。

何抜かしてるんだって言われても。冷笑されても。



自分の気持に正直になるのは、とても大切だと知ったから、

これからもずっと続けてく。自分の心を大切にしたい。



自分に神様が与えてくれた善悪の基準で動くことも続ける。



その中で過ちを犯したら、謝る(こんな風にね)。



僕は立派な人間じゃない。

むしろいろんなところに頭をぶつけてようやく生かされてる者にすぎない。

だから。



そして本からだけの知識ではなく、迷いはバイブルにきちんと聞いてみるよ。

最近熱心には読むようになったけど、まだ我がことには思えてなかったんだ。



…ねえN。そしてのあちゃん。

俺はこんなだけど許してね。

30歳になって、やっと自分の真のニーズを見出したような人間だけどさ。

しかも愛されたいなんて、赤ちゃんみたいなさあ[:汗:]



でも、それがわかっただけで、まずすっきりしたよ。

これからもよろしく頼むね。ばぶばぶ。



そして神様………俺の手を放さないでください!!

HOLD ME JESUS!!!!!!









スポンサーサイト




このブログ、中身が大幅に変わることになりそう!



というのも、「HOLD ME JESUS」がプクイ個人のものではなく、

今所属してるチャーチのユースグループのブログになるからなんだ。



昨日…チャーチ仲間のNと2時間程話し合いをして、

新しいユースグループをつくることに決めた。



名前はこのブログからとって…「HOLD ME JESUS」。

略称HMJ(笑)。レコ屋ですか?



コミュニティーの決まりは、ジョシーに教えてもらったことから、

3つ取り入れることにした。



1.裁かない

2.教えない

3.秘密厳守




とても大切な原則だと思う。



そして求めるゴールは、

「神様と人との絆を深める」

「宗教色を極力排した、ノンクリスチャンの人にも親しみやすい集まりにする」


ということ。



前者は切実に僕が求めているもの。

本当の意味では、年齢なんて関係なかったりする。若者だろうが年をとっていようが。



あたりさわりのない関わりではなく、ありのままの自分をさらけだせ、

にもかかわらず、しっかりと受け止めてもらえる関わり。

正直に弱さをも分かち合える場所。
たくさんの人にそんな場所が必要だと思うんだ。

日本では本音と建前を使い分ける生活を余儀なくされがちだし、

そんななかで僕らは、本心を図らずも偽らずにはいられなくなってしまう。

チャーチという場所で、その本心を出すことができたら…

本当に安心できるのではないかな??



そして後者…僕はキリスト教は「宗教」ではなく神様とのライフスタイル、

生き方だと強く感じている
ので、

本質は損なわずに、ノンクリスチャンの方にも違和感なく神様を知ってほしいから、

そういうゴールを掲げたよ。



言うは易く…だけどね~~~[:あせあせ:]



具体的な活動としては、まずこのブログに、メンバーが折々の生活で

Jesusから示されたことや、生きたクリスチャン・ライフを分かち合う。



楽しみや痛み、いろんな局面があると思うけれど、

正直に皆とシェアしたいね。



そして賛美集会もしてくよ。

まずは9/2(日)から、曲を持ち寄って集まる予定。

メンバー同士の分かち合いの時間も取ります。



さて…そこで我ながら疑問なのは、



「俺、チャーチ休むって言ってたはずじゃん!!!」(ちゅど~ん!)



正直に言って(さっそく弱さをシェアしちゃうけどさ)、

今、礼拝に出て、なかなか熱い想いが湧いてこない。

でもココロの奥底では神様を求める気持がどんどこ煮えたぎってるんだわ。

この矛盾は何という感じ。



こう…決められたプログラムをこなしているようになっているのが

もどかしいんだろうなあ。

まだまだ信仰が薄いのかなあ。



チャーチに続けて通うかは、ちょっと保留中。



ユースグループに関しての意識は、

Nの考えは「チャーチの青年部的存在」

僕の考えは「広くJesusを信じる者としての集まり」と、若干の違いはあるものの、

しっかりと形にしていきたいッス。



あ、このブログによくコメントを寄せてくれている「のあ」さんも、

コミュニティーに加わってくれる予定だ。



いまいち半端な発起人(俺[:汗:])が混じってるけど、よろしくお願いします。

ここのところ、ネットに関連して、いろいろと新しい発見があった。

詳しい人には何でもないことなんだろうけど、

僕にとっては割と新鮮だった。

ちょっとシェアさせてね。



前に話したことがあるかもしれないけれど、

僕は以前、すごい低迷期に陥ってた時期があった。

その時、親父さんの事務所にアルバイトと称して避難して、

事務所のオフィシャルサイトを

つくらせてもらってたんだ。2か月程かけて。

こちらはズブの素人だから、参考書と首っ引きで、一日中PCの前に座っていた。



完成したサイトは表示も重たいし…お世辞にも完璧とは言い難い出来だった。

でも1つ、やり遂げた充実感はあった。

そして一年あまり、延々と公開してきたわけだけれど、今回親父の依頼で、

サーバをお引越しすることになり…その手続きがけっこう勉強になったんだ。



僕のネット知識はしばらく前から更新されておらず、

サーバを自分で借りられるなんて全然知らなかった。

で、親父が送ってくれた資料を見ていると、これがわんさかあるんですね。

一番おすすめとされてる「ロリポップ」に決めて早速手続き開始。

親父の希望はドメインも一緒に取ること。

ロリポップが提携してる「ムームードメイン」というところでドメインを取得すると、

サーバの初期費用が半額になると知り…即座に決定!



ドメイン代は一年で、3800円ぐらいだったかな。

コンビニ支払にしてしまえば、あっという間に入金して、すぐにドメインを

使えるようになる。

サーバを借りるのも本当に簡単だった。ロリポップは説明も懇切丁寧だったし。

…って、だんだん回し者めいてきたけどさ[:汗:]



こうして低料金で、しかも小難しくない手続きでサーバが借りられるとなると。

夢が膨らんでくる。

チャーチのページを作りたいんだよね~。

チャーチに足を運ぶのまではちょっと、ちょっとちょっと!っていう方のためにも、

チャーチって何するところなの?って、素朴な疑問を抱いてる人のためにも。

少しずつwebデザインのスキルも高めて、

素敵なページを作りたいな。



あとは親父の事務所サイトのリニューアル、今勤めてるデイの紹介ページも

形にできるよう、頑張ってみようっと。



…それから勢い込んで、このブログも、広告がつかないプランに切り替えてみた。

画像の容量も5倍に増えたから、大きな写真も載せられるしね。一番のメリットかも。

それで月額315円は安いんじゃないかと思う(煙草ひと箱ぶんで済むんだものね)



料金はウェブマネーで支払うことにしたんだけど、これもコンビニとの連携で

簡単に手続きできた!要はコンビニで払った現金をwebでチャージする仕組み。

思い立って、その日のうちに、全部の処理ができました。

やってみるもんだね~~~。





「だから、今それをやり遂げなさい。進んで実行しようと思ったとおりに、

自分の持っているものでやり遂げることです。進んで行う気持があれば、

持たないものでなく、持っているものに応じて、神に受け入れられるのです。」(
第二コリント8:11~12)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。