FC2ブログ

Hold Me Jesus 2

北海道在住のジーザスフォロワー・taikaのブログ。CFNJ聖書学院にて研がれる日々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


●本題の前にまずはつれづれ写真帳など載せておきます。




090927chuch01.jpg

↑教会に出かける前に、小さな虹を見る





090927chuch02.jpg






090927chuch03.jpg

↑昨日の礼拝後は今年最後の焼き肉愛さん会だった。ジンギスカンもさることながらホルモンの美味しさときたらなかった。人は本当に美味しいものを食べたら「何だこれは!?」と言うと知った^^
しかし最近かなり焼き肉づいている。「taikaちゃん、ちょっとは肉をつけなさい」との思し召しかな(笑)





090927chuch04.jpg

↑牧師館脇に植えられているブドウも実りつつあるね~。





o-nurie01.jpg






o-nurie02.jpg

↑先日描いた塗り絵イラストを、デイの利用者さんがこんなにきれいに塗ってくれて、いと嬉し。











●さて本題。うちのDLCメンバー、nanoが紹介してくれたディボーションガイド『manna』がけっこう良いのだ。近隣でも有数の飽き症であるこの僕が、もう2週間近く続けられている。プチ奇跡。
ちなみにディボーションという言葉に馴染みのない方のために説明しておくと、これは元々、何かにひたすらに捧げるという意味合いの言葉だったらしい。それが今日では、神との個人的な交わりを意味するようになった。『manna』の中では「神の前に静まって、聖書を読み、黙想し、祈る」と定義されている。毎日バイブルの言葉に触れることで、魂のための食事をするような感じだね。


キマグレンの3人目のメンバーでもある僕は、バイブルを読むことは読んでいたが、いつしかその日任せになってしまっていた。加えて悲しいかな、通読表もなかなかうまく続かない。でもこのガイドは、切りの良いところで言葉が区切られているし、質問を通して響いた言葉についても考えられる。加えて解説のページもあり理解が深まる、と良いことづくめなのだった。ただ知識として蓄えるんじゃなくて、自分の中を一回くぐらせることで、我がこととしてバイブルを捉えられると思う。

昨日の箇所もスケールの大きなものだった。

「…つまり、万物は御子によって、御子のために造られました。御子はすべてのものよりも先におられ、すべてのものは御子によって支えられています。」
(コロサイの信徒への手紙1:16より)

地球が創られる遥か前から、イエス様が存在されていたという、この凄さ。全てはイエス様のためにあるという、スケールの大きさ。そんなに偉大な方が、わざわざ人間の姿にまでへりくだって、しかも十字架にかかってくださったということのありがたさ。僕らは大きなものの中に含まれているだけの、生かされている小さな存在だ。何を威張ったり傲慢になったりできるだろう。
早朝にディボーションをしながらつくづく思った。

この感動に、いつも突き動かされていたい。主を小さな箱…人間的な小さな視点だけで見たくはないんだ。
そしてもっともっと、主を知りたい。僕はイエス様の大ファンだし、できれば1ミリでも近くに行きたい。


『manna』はキリスト教書籍で有名な、いのちのことば社から毎月出ている。価格は500円とお手頃だ。
ディボーションに興味のある方に、かなりお勧めしますよ~!





★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

kitami01.jpg

↑タニムーの心づくしの朝食^^




●さて9時に車を出した僕らはどこまでも北海道丸出しの光景の中を進んで行った。視界の3分の2を占める青空と雲、色づく畑を越える。僕は前日、中途半端にしか寝ておらず、車中でさっそく睡魔に襲われ昏倒した。気づけば12時頃、北見に近づいている。初めて来たが国道の辺りなど思ったよりずっとひらけていて驚いた。腹ごしらえをしにヨーカドーの食事ゾーン・ポッポに寄る。




kitami02.jpg

↑見よ、各種の麺類を平らげた3人の勇姿を!





それから会場のピアソン記念館へ行く。庭に既に椅子が並べられ、札幌バプテストの皆が準備に勤しんでいた。久しぶりのエツくん、としくんたちと握手を交わして、さっそくもんぶらんは賛美の打ち合わせに、僕は川へ洗濯に向かった。集まったのは総勢20名ほどだろうか。午後1時、エツくんの初々しい司会で集会が始まる。メインのメッセンジャーは何と御歳94歳のT先生だ。数々の教会を開拓してこられた先生は、まさに今日の目的にぴったりの方。本当に若々しく神様パワーがみなぎっている。うちのデイでだったら”長寿番付”に載ってもおかしくないほどなのに。




kitami03.jpg





kitami04.jpg





kitami05.jpg





kitami06.jpg

↑司会をしてくれたエツくん




kitami07.jpg

↑何をやらせても男前のとしくん





kitami08.jpg

↑年齢を全く感じさせないT先生





kitami09.jpg






お話は先生の人生の歩みと相まった、開拓の心構えについてだった。小手先のテクニックではなくて、まずは心にイエス様をしっかりと受け入れることが大切だ。伝道は主ご自身がなされることで、自分には才能や賜物がないと気後れする必要はないそうだ。背中は主が押してくれて、外へと向かえる。遣わされた地域のニーズに応えるための勇気が与えられる。そして「苦しみは全て、最後には喜びに変わる」と力説されていた。キリスト教にほとんど理解のないこの国で、開拓して教会を建て上げて行くわけだから、その苦労は並大抵のものではなかったはずだ。でも最後には結んだ実を見ることができる。その大きな喜び。

先生は最後に「このように小さな私に、話をする場を与えてくれて感謝しています」と言っていた。このへりくだりも素晴らしいと思った。こういう謙遜があるからこそ、神様に半端なく用いられる方となったんだと思う。

数曲の賛美は、札幌の皆が奏楽をしてくれて、スーツを着たもんぶらんが前でリードしてくれた。違う教会の人たちだろうが、一緒に声を合わせて歌う賛美は格別で、嬉しかった。同じ主を信じているからこそできることだ。





kitami10.jpg






木立の中で集会をしていたせいか、日差しはあるのにすごく寒い^^;
それでも青年大会が終わった後、再度全員で礼拝を捧げた。それからピアソン館を見学する。この偉大な伝道者夫婦の拠点になった家を建てたのは、これまた建築界では定評のあるクリスチャン建築家のウォーリズである。似た仕事をしているうちの父が以前から彼に興味を持っていて、僕もDVDを借りて観たことがあったので、実際に中を見れて良かった。木造の温かみのある家だった。シンプルで、なおかつ色づかいや調度に品を感じさせる。





kitami11.jpg





kitami13.jpg





kitami14.jpg






ここで札幌の皆と、旭川に奉仕に向かう松崎先生と別れ、若者2人と空気おぢさん(僕のこと)はファミレスへ行く。冷えた体に八宝菜のあんかけチャーハンほど沁みるものはなかった。一口目を食した僕の第一声は「熱いよ!!」だった(笑)


いよいよ帰路につく。お腹も満たされ最近飲んでいる薬のせいもあって、僕はまたしても車中で口を開けっ放しで爆睡していた。もんぶらん&タニムー、チャーハンよりも熱いカップルの邪魔をしないように存在感を消していたといえば聞こえはいいが、とにかく眠かったっすよ。往復6時間もの運転を頑張ってくれたもんぶらん、ありがとう!

…いろんな意味で一日あっという間だったけれど、まずは伝道が特別な選ばれし人のものではなく、誰にでも開かれていると知っただけでとても勇気が出た。何しろ生き証人が語ってくださったわけだから。としくんからCFNJ聖書学院のこともあれこれ聞けて、期待も高まってきた。

神様、全ての行程を護ってくれて、また新しい出会いをくれて感謝です!!





kitami15.jpg







★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村



kitamimae05.jpg





kitamimae01.jpg

↑ますます写真に入れ込んでいるhokusaku。いいねえ^^この写真は彼のおばあちゃんが描いた「ヨン様」の絵だ。そっくりすぎ!





●昨日晩からのDLCは、翌日に控えた北見青年集会に備えて、賛美の準備をしていた。ちなみに青年集会の目的は、北見にバプテストの教会を開拓していこうという運動の一環として、青年たちが開拓伝道のスピリットを学ぶ場を設けようというもの。場所はピアソン記念館だ。この私邸に住んでいたピアソン夫妻は、長年北見の地の伝道と教育活動に熱心に取り組んでいたという。まさにうってつけの会場である。向かうのは松崎先生、もんぶらん、タニムー、僕だ。


僕たちは3曲ほど賛美リードを任されていたので、練習にも力が入った。松崎先生の奥様・トモコさんがピアノを弾いてくれて、タニムーの隠された歌の才能がちょっとの指導で開花していたのがすごかった。伸びのある良い声で会堂いっぱいに「その日全世界が」を響かせるタニムーに、僕も感激した。それからお馴染みのもんぶらん、nanoも加わって練習は続いた。




kitamimae02.jpg





kitamimae03.jpg






明日の朝ばたばたしないように、僕ともんぶらんの2人は教会に泊まることにしていた。僕は練習を途中で抜けて、松崎先生、hokusakuと一緒に近くの温泉へと向かった。国道沿いの水光園。久しぶりの銭湯を堪能する。露天風呂はあるは、漢方の使われたサウナはあるはで、体の芯まで温まった。ちょっとした良い旅夢気分だ。地元民だけど(笑)



…そういえば祝福の前の障害なのか、仕事帰りのもんぶらんの右腰に痛みが走っている様子だった。かなり痛そうである。明日が危ぶまれるほどだったので、皆で祈った。皆が帰った後で彼と2人で休む前も、個人的に祈った。


…そして翌日、腰の痛みはだいぶひいていたのだった。しかも朝、心づくしのお弁当を運んでくれたタニムーが、もんぶらんをマッサージしたところ、ほぼ全快。ハレルヤっす!!

時刻は9時、僕らは意気揚々と出発した。
空はおそろしく晴れている。


(つづきます)






★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村





●お休みの日。定期的な通院のために休みをとった。朝風呂に入り身支度を整える前、何故か思い立ってDSi付属のカメラで遊ぶ。一眼レフの方のSDカードが使えるとわかって、これは面白いと思った。ただの携帯ゲーム機と侮るなかれ。なかなか興味深い写真が撮れるんだよね~。

まずはお遊びの莫迦顔写真から。恥を顧みず捨て身でアップする価値はあるのか?風呂上がりに何やってんだ(笑)




bakattura01.jpg

↑これ履歴書とかに貼ってあったら笑うだろうなあ。



そして万華鏡風の次の写真、かなりアートな感じであります。なんのことはない、僕の雑然とした部屋で撮ったんだけどね。




dsart01.jpg





dsart02.jpg





dsart03.jpg





dsart04.jpg





●病院後、少しだけデイに顔を出してから、家でDVDを観る。「歩いても、歩いても」という邦画だ。キャスティングが秀逸すぎた。ドキュメンタリーを観ているかのようなリアルさで、家族の情感を浮かび上がらせる劇映画。ものすごく面白かったけれど、やはり日本人は「本音と建前」の国の住人なんだとも思わされた。

それから途中になっていた利用者さんへの手づくりバースデーカード制作に入る。スケッチブックにイラストを描いた。先日図書館で「漫画の描き方」めいた本を借りてきたので、それを参考にする。特に今まで苦手でニュアンスの出し方がわからなかった”目”が描けて嬉しかった。こうして個人的な課題をクリアしていくのも楽し。




birth01.jpg

↑この目が描けて嬉しかったんである。




birth02.jpg





birth03.jpg





★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


dencyu01.jpg





dencyu02.jpg






●ここのところ、創作活動を日常に織り交ぜてやっている気がする。あくまで趣味の範ちゅうを出ないけれど、自然とカメラや色鉛筆に手が伸びていると思う。当面の課題は、先入観を無くすことだ。例えば今日の写真みたいに、何でもない電線を撮っていたとしても、そこから別の”絵”を見いだしたい。その風景が語りかけているものを知りたい。目に見えるはずのものから、目には見えないストーリーが語りかけられている。

これは信仰も同じだと思う。主は目に見えない。でも感じることはできるはずだ。だからささやかな創作を通して、ほんの少しだけ心の目で色々なものを見る練習をしているんだ。きっと。もっと主を感じるために。


みんなが当たり前と信じて疑わないことは、本当に真実なんだろうか。いわゆる常識の枠の中に押し込めて奥まで見ないほうが楽だから、そのままにしていることって、案外多くはないか。その奥にある、思っても見ない何かが、大切なんだと僕の直感がささやきかける。

そしてその何かを見いだすことほど、面白い探求はないと思う。個人的に。

神様主催のオリエンテーリングというかね(笑)

いずれにしても、信仰生活は、ものづくりは楽しいなあ~。ほんと楽しい!
ありきたりの人生生きてる感じがしないもの。




dencyu03.jpg





dencyu04.jpg





dencyu05.jpg





★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村




taikairast01.jpg





taikairust02.jpg





●塗り絵カレンダーの見本として、自分でも色をつけてみました。まだまだ彩色は苦手だ…^^;
でもモノクロの絵を仕事場に持っていったら、「あなたの頭ん中どうなってるの?」といった温かい言葉も頂き(笑)、嬉しかったです。これをまた、利用者さんがいろんな解釈で塗ってくれるのが楽しみだ。




iphone01.jpg





●夕方はもんぶらん、タニムー、僕の3人が教会に集い、Railwayのスケジュールを話し合った。その中で、自分たちの立ち位置…なぜわざわざオリジナルの賛美に取り組むのかがはっきりした気がする。やはりバイブルにもある通り、「新しい歌」をいつでも主に捧げたいということがひとつ。そして自分たちの内側から湧き出てくる賛美の想いを、既存の入れ物じゃなくて自分なりの器に入れたかったのというのも理由だ。

グローイングアップの賛美が、ある意味で若者の新しいスタンダードになっているのとはまた異なり、僕らのしていることは一風変わっていると思う。それでも、心はいつも主に向けていたいし、強い想いを封じ込めた音源をつくりたい。そしてどうせなら、音楽的にも面白みのあるものに挑戦したい。

…ということで、できる限りの時間を使って制作に取り組み中であります。
教会の人にも、いろいろ協力をお願いすることになりそうだ。僕らの力だけでは成し遂げられないからね~。

僕は音楽制作については、ほぼまるっきりの門外漢なんだけど、やりながらあれこれ覚える!の姿勢で頑張ります~。






★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村





cup.jpg





●シルバーウィーク、なんて僕の仕事にはぴったりの名がついた連休中である。東京で働いている下の妹が帰ってきていたので、晩は久々に家族で食事に行った。以前は苦痛でたまらなかったこの時間も、今は割と言いたいことが言える雰囲気に変わった。

とりあえず現在の僕は、恥ずかしながら実家に寄留している民なわけだけど、諸事情あって家を出る時期がようやく決まった。来年の3月末くらい。それまでは家にお金を入れつつ、何とかそれ以外を貯蓄して次の道に備える流れになる。ご飯を口に運びながら、次の道…と考えて、再び頭に蘇ってきたのはCFNJ聖書学院のことだ。来年の4月、新学期が始まる。うまく環境をスイッチできそうなこのタイミングを何と捉えたらいいだろう。Goサインが出たと思っていいのだろうか?

牧師になりたいという召命感は、まだ感じない。ただ学院で、主が僕に与えてくれた可能性を探ってみたいし、バイブルのことももっと深く知りたい。それで、かつての僕のように辛い想いを抱えて生きている人の、せめてもの助けになれたら嬉しいからだ。誰にでも分け隔てなく、主が生きる意味を与えてくれると、伝えたい。

僕の心からなぜか離れないCFNJ聖書学院は、演劇やドラムなどのコースもあり、表現活動にも開かれている印象がある。それも惹かれる要因だ。

…大変とはいえ一応は定収入のある介護の職を辞して、船出するのにはけっこうな勇気がいる。でも、昨日の話じゃないけれど、僕が乗りこむ船はイエス様がいてくれるに違いないから、任せて進むしかないだろう。

神様のつくる流れは、本当にエレガントというか、自然な形で生まれてくると思う。聖霊様の風は、思うさまに吹く。
まずはそれに乗っていこう。

どこへ行くにしても、そこには知るべき意味があるのだから。

僕のようなミソジストで一匹狼風の人間が、学院でうまく適応していけるかも少し不安ですけどね^^;今まで一度として「学校」と名のつくところに馴染めた試しは無かったから(笑)

でも進むぜ!先へ!イエス様、道を備え、どうかいつでも共にいてください!!




★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


090920-1.jpg





●今日の松崎先生による礼拝メッセージは、旧約聖書のヨナ書からだった。これは4章しかない短いもので、物語を通してメッセージを伝えてくれる。ここに出てくるのは預言者ヨナだ。ヨナには鳩…愚かな者という意味があるのだそうだ。

主の言葉がヨナに臨んだ。大いなる都ニネベへ行き、そこに住む人々の悪を糾弾するようにと。ニネベは強大な力を持った敵国の都だ。ヨナはそこの人々を悔い改めさせることなどできないと思ったし、放っておいて主がニネベを滅ぼしてくれるなら、逆に好都合だとも思った。それがイスラエルの救いになる。

ヨナは船に乗った。向かった先はタルシシュ。主に示されたのとは全く逆の方角である。でも主はヨナを逃さなかった。海に大風を送り、嵐を起こした。そんな中、船でヨナは眠りこけていた。船長たちはヨナのせいで嵐に巻き込まれたと恐れ、彼を海へ放り込む。主はヨナの命をとらなかった。大きな魚が彼を飲み込んた。3日間、ヨナは魚の腹の中で祈り、ついに悔い改めて使命を果たすように導かれた。

船でヨナが眠っていたのは、やぶれかぶれの、責任回避の眠りだったかもしれない。それと対照的にもう1人、バイブルの記事に船の中で眠っていた方のことが出てくる。イエス様だ。マルコ福音書の4章35節、弟子たちと共にイエス様が乗った船を、激しい突風が襲う。弟子たちは恐れに取りつかれたけれど、イエス様は中で眠っていた。そこには神様としっかり繋がっているからこその、平安があった。

弟子に起こされたイエス様は、嵐を叱る。湖に言う。静まるようにと。
その瞬間、風は止み、波はおさまったという。

…僕らの生活のうえで、平穏に過ごしたくても、波風の起きることがある。そんな時、僕らは2つのうちのどちらの船に乗っているのだろうか?自己正当化に満ちた逃避の船か、それとも波風をおさめる力のある主と結びついた平安の船か。
御心に従う道か、反対方向に向かう道か。

自分がどこへ向かおうとしているかを、真剣に考え、祈る必要があるんだ。

しかしヨナのように、僕らが逃避の船に乗ってしまったとしても、それは「失敗」ではない。大きな魚の中で悔い改めのチャンスをもらったように、必ず主は立ち返る時間を与えてくれる。だから諦めずに、何回でも何回でも、主に向かっていけばいい。




090920-2.jpg





090920-5.jpg

↑2つのお菓子はどれも本気で美味しかった。無料でいいんですか。そしてもんぶらんはそんなに喉の奥にねじ込まなくてもいいと思う^^;




090920-3.jpg





090920-4.jpg





●聖歌隊の練習が終わってからは、松崎先生、nano、もんぶらん、タニムー、僕、最近教会に足を運んでくれているU君とで、食事会をした。場所は霊によって…じゃなかった例によって馴染みのペコサーレだ。安心価格で低料金のイタリアンレストランは若者でいっぱい。ちなみに松崎先生は今までイタリアンをたいして美味しいと思ったことがなかったらしいが、以前来たこのペコサーレで印象ががらりと変わり、今ではシュリンプロッソが無いと生きていけない体になってしまったという。何というアルデンテな話であろう。何それ(笑)

食事しながら、いよいよ今週末に迫った北見での集会の話やら、結婚生活に必要な部屋の間取りの話題で盛り上がる。とにかく僕はU君が来てくれて嬉しかった!久々にDLCの面々とゆっくり話もできたしね。

…土曜日にある集会の前日、教会に泊まろう計画も進行中だ。レイルウェイのことも少しできるし、朝、慌てずに皆で出発できそうだから。いろいろ動きが始まっている。主の船に乗り込んで、進んでいきましょう!




090920-6.jpg





090920-7.jpg






090920-8.jpg

↑帰りにマウスパッドを買いました。




★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村



●うちのデイにはwebサイトがあり、最近では動画にも力を入れているようだ。各地にあるグループホームや各事業所の紹介、スタッフインタビューなんかが載せられている。ここ帯広デイにもしばらく前に撮影スタッフさんがやってきて、フロアで日常の様子を撮ったり、普段よりすました顔のセンター長インタビューが行われたりした。

…今朝たまたまデイのサイトに行ってみたら、その完成品がアップされているではありませんか。ちょっと笑ってしまった。残念ながら愛機のMacでは動画が見れなかったんだけど、もしデイサービスや骨メガネ君の仕事ぶりに興味のある奇特な方は、ご覧になってみてください(笑)。別に自己宣伝というわけではなく、1人のクリスチャンがとりあえず世の中で頑張ってまっせ!という姿を見てほしいなあと思います。

ともあれ、良い記念になって個人的には嬉しい。神様面白い経験をありがとう!

こちらからどうぞ~~。「帯広 介護スタッフインタビュー」というのが、僕の関連した動画です^^





★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村





akihana.jpg





●秋が近づいてきてますね。

さて昨日は仕事場に本社から社長さんが来て、夕方から合同社員会議があった。それからヘルパー派遣部門や訪問入浴部門のスタッフの皆さんと親睦のため食事会へ向かう。場所は「じんぎすかん北海道」だ。僕は久しぶり、2度目のご来店である。内装に昭和のレトロな要素が取り入れられていて、道産子グッズや可愛らしい小物が満載。写真心をそそられ、肉の来る間プチ撮影会を敢行する(社長いるのに!)。

我らがバプテスト教会で食べるジンギスカンもうまいけれど、ここの羊肉も格別だった。そしてイナキビごはんが驚くほど美味しかった。「天からのマナ~」とばかりにがんがん注文する(笑)。胃が握りこぶしぐらいの大きさしかない、少食系男子の僕としてはがんばって食べた。最後のゴマアイスまで堪能した。

…地元の方はぜひ一度どうぞ!
貧乏書生の僕はさすがに自費でってわけにもいかないので、次回の社長のご訪問を気長に待つつもりです(笑)




jingi01.jpg

↑左端の青い子は、生肉とか食べちゃいそうですね(笑)




jingi02.jpg





jingi03.jpg





jingi04.jpg





jingi05.jpg





jingi06.jpg

↑かわいい小物が所狭しと飾ってありました^^




jingi07.jpg

↑「地球の皆、オラに羊肉を分けてくれ!」「オラにも!」「できればオラにも!」




jingi08.jpg

↑「またのご来店をお待ちしてま~す」く…熊が気さくに!?




★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村





●今日は休日だった。午前中は超苦手な散髪へ。とにかく滞在時間を短くしようという作戦で、近所のデパート内にあるクイックカット的なお店に駆け込んだ。実際クイックだったので、あまり髪の量が減らなかった(笑)でも懸念の耳の上あたりもすっきりしたので、一応やり遂げた己を褒めてつかわす。

それから床屋のすぐ前にあるメガネのプリンスに王子様気取りで入っていき、眼鏡を調整してもらう。
つるのところがかなり外側に開いてしまっていて、仕事の入浴介助の時なんか汗ですべり眼鏡がずり落ちていたので難儀していた。それを何とかしてもらおうと思ったんだ。感じのいい店員さんが、器具で眼鏡を温め、何と人力で歪みを直してくれる。とはいえこちらは眼鏡を渡してしまっており、ほとんど見えず。ぼんやりした視界の中、もやもやした人がへし折れそうなほど無闇に力を入れている。シュールな光景だった。でも眼鏡は最高のフィット感で直った。感謝!

…昼からは思い立って、デイで使う10月用のイラストカレンダー作成に入る。気が乗っている時にやらないといつまでもやらない因果な性格なので、「やるなら今しかね~」とばかりに鉛筆で下絵を描く。太さの違う三種類のボールペンを使い分け、今度は漫画家気取りでペン入れをする。

テーマは誰からも全く頼まれていないRailwayのプロモーション活動だ。絵の中にメンバーを動物キャラクターで盛り込んでみた。これを何食わぬ顔で利用者さんに塗ってもらい、家に貼っていただくという作戦である。まさに趣味と実益を満足させてくれる夢のコラボレーション!とはしゃいでみるが、頼まれてないことだけが惜しい。そしてゴスペルに関心のあるお年寄りは、一体何人いるのだろう…(笑)



railway01.jpg

「まあ、ご覧くださいな~。こんなん出ましたけど~」



railway02.jpg

↑相変わらず説明のしようがない発想。楽しかったらいいの!



railway03.jpg

↑ドラムのhokusaku、鯖ギターをかきならすもんぶらん、いるだけのtaika(笑)



こうして下描きを見ていると、写真に限らず絵の方もつくづくスキルアップが必要だと思う。こうして気軽な塗り絵として用いてもらうなら良いけれど、「作品」への壁はなかなか遠いよね。精進致しませう。もっと個性的な絵が描きたい。

夕方からすごい雨が降った。さすがにちょっと疲れたので、これから後半は安息に入ります~。




★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村



●仕事やレイルウェイの活動に伴って、最近またよくカメラを持ち歩いている。今日は日常からこぼれてきた写真を少しだけ載せます。技術はないながらも、皆さんに、せめて10秒は目に留めてもらえるのを目標にしている(笑)

今、かなり前に安く手に入れたNikonの標準レンズがとても気に入っている。ズームがきかないから、自分で前に後ろに動いて構図を決めなくちゃならないんだけど、そんなことは気にならない。レンズが小さいから持ち歩きにも便利だし、被写体まわりのぼけ方もきれいだ。

…神様が創られたものや、与えてくれる瞬間は、つくづく素敵だと、写真を撮りながら思う。10年後ぐらいに、趣味から仕事にしたいなあ!とも思うんだけど、まだまだ作品として観てもらうには修練が足りませんね^^;

ともかく、撮ろう。たくさん撮ろう。それがきっと、何かに繋がっていくはずだ。




DSC_0303_convert_20090913212105.jpg




DSC_0304_convert_20090913212218.jpg




DSC_0305_convert_20090913212252.jpg




DSC_0363.jpg




DSC_0365.jpg




DSC_0366.jpg




★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村





●デイでは一昨日から敬老会が始まり、日替わりで慰問のボランティアさんが午後から来てくださっている。その日の利用者さんたちと手品や腹話術、日本舞踊など楽しんでいる。

それが済んだ後のお楽しみは、いつもよりグレードアップしたおやつだ。喫茶店風にテーブルを並べ、ジャズなど流して洒落た雰囲気をつくる。完全に手作りながら普段はそれほど種類の多くないおやつも、この期間は飲み物と共に選べるようになっている。なかなか外出して喫茶店にも行けない方が多いので、皆さん大喜びだった。てんてこまいの厨房も報われる想いだ。

…写真は、喫茶店メニューを作ったときに撮ったもの。なかなか美味しそうなので載せてみました^^
実際に油揚げを狙うトンビのようにすかさず味見をさせてもらったら、どれも本当に美味しかった!



DSC_0208_convert_20090911212039.jpg

↑水ようかん、人気でした。



DSC_0245_convert_20090911212249.jpg

↑注文の直前に蒸し上がった、茶まんじゅう



DSC_0260_convert_20090911212323.jpg

↑ソースのかかったホットケーキ



DSC_0300_convert_20090911212351.jpg

↑魅惑のロールケーキ



DSC_0269_convert_20090911212416.jpg

↑くず湯も「たまに飲むといいよねえ~」とのこと。



DSC_0303_convert_20090911212440.jpg

↑圧倒的な反響を呼んだクリームソーダ(笑)



来週まで続くこのイベントにも神様が働いて、皆にたくさん喜んでもらえますように!




★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村




●さて、とうとう我らが愛すべきカニ将軍・もんぶらんから証が届きました^^
8月12日~14日に静岡の天城山荘で行われた、日本バプテスト連盟全国青年大会に参加した時の模様です~。以下本文はいっさい加工なしの純正もんぶらん節ですのでお楽しみください。不定期で連載予定です!




招詞
 
 ああ! 
 神よ!
 あなたの中に私がいます!
 私の中にあなたがいます!
 私はいつもあなたを見ています。あなたがいつも私を見てくださるように。
 負を正に変える唯一の方、損を益に変えるただ一人の神。
 あなたをほめまつらん、汝が主。新しい歌をあなたに向け声高らかに歌わん、我が主。
 神よ! 万軍の主よ!
 褒め歌うたわん、世界の創られたものたち全て。

 本文

 神様は日曜日に教会に行く人だけを愛しているわけではありません。世界中の全ての人を、その人がどれだけの罪を重ねていたとしても、心から愛しているのです。神様によって全ての人の日々の生活が守られているのです。
 思えば僕の全国青年大会も、僕ではなく全て神様が働かれていました。
 8月12日から14日に行われた日本パブテスト連盟全国青年大会での証をさせて下さい。
 全国青年大会への道のりは始まりからずっと神様が共にいてくださり、次々とあらゆるものを備えてくださっていたのです。

「全国の青年が集まる大会が八月にあるんだけど、もんぶらんくん行ってみない?」
 牧師の松崎先生が六月くらいに突然僕にそう言いました。「全国青年大会。天城山荘で行われるんだ。日本中のバプテスト教会の青年が何十人も集まるからきっと楽しいと思うよ」
 少しずつ僕の身の回りで色々なことが回り始めてきた時期でした。新しい仕事が見付かり愛しい恋人があらわれ、以前のように一日中家で悠々趣味を満喫したり、僕に小説を終わりまで貫徹させる力を与えてくださいと祈る時間も確保できないような日々が続いていたのです。
 その為に今思い返せば僕は初め全国青年大会にそれほど乗り気ではなかったかもしれません。
「イイですね~。神様が僕を導いて下さったら是非参加したいと思いま~す」
 とか言っていた気がします。
 だって天城山荘って静岡県で僕は北海道の片田舎の帯広という小さな街で静かに礼拝を捧げるか弱い罪人で、距離がハンパなくあるんだもの。そう簡単に行けるような距離じゃないよ。なんてことを思って半分本気じゃなかったかも。行きたい行きたい言っているだけでホントは距離とか費用とか都合とかに負けておじゃんになっちゃうんじゃないのかな、って思ってました松崎先生ゴメンナサイ。
 だけれども、神様は僕たちの考えたことも想像したこともないことを現実にされる方なのです。
 静岡空港!
 日本最後の地方空港といわれる富士山静岡空港が最近作られ、なんと北海道は新千歳空港からだと、お盆の帰省ラッシュにモロ被りで運賃が年間で一番高くなる時期だというのにすごい割安で乗ることができるというのです。
 それになんと天城山荘に行く為にかかった費用やその他諸々の諸雑費全ての合計の半分を教会が出してくれるという温かい励ましを頂いたのです。
 松崎先生の提案で教会でカンパを募ったら多くの教会員の方々から少なくない金額のカンパを頂きました。
 僕の中で、「行けたらいいですね」が「行けたらいいな」に変わって、「行きたいなあ」になり「行きたい!」が「神様、どうか僕を天城山荘へ送ってください!」という気持ちにだんだん変わっていきました。
 だって神様は空港をこんなベストなタイミングで建設してくださって僕の足を動かしてくださる。お金のない僕の事情を憐れんで経済的に僕が困らないように満たしてくださる。
 神様は備えて下さる。
 神様は全国青年大会に行く前から御心に叶うように僕を、僕の周りの人々を、動かしてくださったのです。
 次回は天城山荘に着いてです。今回が落ち着いた感じで書いてみたので次はちょっとアゲて書いてみますよ?


(続きます!)





★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村



 

DSC_0061_convert_20090909205137.jpg



●朝、早めにセンターに行ったら、鍵を忘れてきたのに気づいた。別の人が来るのを待つ間、送迎車に映り込んだ雲を撮る。映り込みは意図しないで幻想的な雰囲気が出てくるので、僕は好きだ。それを、初めてMacBookに取り込んで若干編集してみました。やっぱり前のコンピュータとは勝手が違うね~。ちょっと暗めの仕上がりになってしまっただろうか?



DSC_0063_convert_20090909205424.jpg




DSC_0086_convert_20090909205458.jpg




●話変わって、上の写真は押収された覚せい剤…ではなく、米ぬかだ(笑)。これを飲むとアレルギー性の鼻炎が緩和されたり、便通が妙に良くなったり、荒れたお肌の状況も改善されるという優れもので、デイでは何人か愛飲者がいる。そんなこと全く知らなかった僕は以前から鼻炎がひどく、朝ともなるとダムの決壊のような鼻水に悩まされていて、神様に癒しを祈っていたんだ。そうしたら何かの拍子に米ぬかの話題になり、3日前にブツを頂くことができた。日に2、3回、大さじ1杯の粉を口に含み、水で飲み干す。初めはかなりの勇気が必要だった^^;

しかしこれが、びっくりするほど効く!ハレルヤ!劇的としか言いようのない鼻水の止まりようである。朝、ティッシュを手放せなかった生活から解放されつつある。しかし米ぬかと鼻炎がどうして結びつくかなあ。ハブとマングースぐらい「関係なさそうで実は密接に関係していた」わけで、世界はどこにリンクしているかわからない。

しかし難点を言えば、自作できないことだろうか。もらってなんぼの世界だ。粉が切れかかったらどうしよう。禁断症状に苛まれ、鼻をたらしながら辺りをのたうちまわるのだろうか?(笑)

…鼻炎に悩むあなたは、ぜひお試しあれ~。
僕もたまには、役に立つことも書くのです。えっへん。



★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村





hmj16-railwayreco01.jpg



●サイダーの写真は、きれいに撮れたからという理由だけで載せてみました^^



hmj16-railwayreco04.jpg




さて再起動をかけた賛美ユニット・レイルウェイだが、昨日今日と夕方から教会に集まって、新しい録音システムを立ち上げようと試行錯誤した。とうとう念願のMacBookが導入される。

この中に元々入っている音楽制作ソフトがなかなかの優れもので、今後のレコーディングやCD作成まで大活躍してくれそうな予感がする。うれし。何が素晴らしいといって、ずぶの素人の僕が、丁寧なチュートリアルに乗っかっていくうちに、Macにマイクを外部接続したり録音したりがちょっとだけできるようになったことだ。楽器が弾けない分(じゃあなんで賛美を?・笑)、こういうところでエンジニア気取りで頑張っておかねばと思う。




hmj16-railwayreco05.jpg




我らがDLCの動く石像こともんぶらんと、再起動にあたって2つの取り決めをした。まずはその日の制作を、必ず祈りをもって始めること。そして、お互いの考えてくるアイデアに対して、オブラートにくるまずはっきり意見を言うことだ。そこにはもんぶらんの「賛美に対して妥協したくない」という強い気持があったので僕も受け入れた。



今日の夕方…礼拝堂の片隅で傍迷惑な爆音を流していると、松崎先生が嬉しい差し入れをしてくれた。なんとジンギスカンの夕食!「平日にわざわざ頑張ってるからさあ」と言いながら先生が自ら肉を焼いてくれました。hakusakuも交えて男4人の食卓だ。あっという間に羊肉と米が消えていった。主にもんぶらん方面へ(笑)



hmj16-railwayreco06.jpg




hmj16-railwayreco07.jpg

↑もんぶらんの白米の量に注目!僕の3倍!(笑)



hmj16-railwayreco08.jpg

↑ベースに挑戦のもんぶらん。感想は「難い!」


hmj16-railwayreco09.jpg

↑最近写真が趣味のhokusaku。


hmj16-railwayreco10.jpg

↑バスキアにも歌ってもらう。



食後もコーラス録りに頭を悩ませたり、アルバム全体の曲の構成を考えたりした。何といっても他の人の協力が必要なアレンジの数々だ。ピアノ、コーラス、そして何よりベーシスト急募!!拡声器で釧路のRちゃんに呼びかけようとさえ思った^^;コピーロボットでいいから、鼻赤くていいから派遣してほしい、なんてね。

話し合いではもんぶらんと意見のぶつかり合いもあったけれど、彼の音楽センス、特に作曲のそれは本気で頼もしい。キャッチーなメロディーが次々生まれてくる。

形式は一風変わってるかもしれないが、賛美の心を封じ込めたアルバムにしたいなあ。

いずれにしても、写真、イラスト、音楽…ものづくりって本当に楽しいね!
ホームグラウンドに帰った気がして、活き活きしてくるよ!

僕のようなど素人まで楽しんでるので、皆もどんどん、主に向かって新しい歌を歌ってほしいと思う。
僕らは賛美するために生まれたんだ!(パクリです!)




★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村







●それが良いことなのかはわからないけれど、最近、仕事や信仰生活の面で少し肩の力が抜けてきている。デイでは怒濤の大イベント・夏祭りが無事に終了して、押しつぶされそうだったプレッシャーからようやく解放されたからかもしれない。
ほわん、としている。

祭りの準備で空回りし、ストレスでぐらぐらになっていた間、頭を巡っていたのは「ちゃんとしなきゃ…」ということだった。でも思えば、何が「ちゃんと」なんだろう?どうなることが?全然、具体的でも何でもない。

誰の目を意識して、そんな風に追われる気持になってしまっていたのだろうか。

そうして打ち砕かれて、とうとう仕事を休む羽目になった時、神様の流れにのろう、と自然に思えた。人の目を気にして無理をすることを、神様は望んだりしていないだろう。

むしろ肩の力を抜いて、自然に、目の前にあるものを誠実に扱うことの方が大事な気がする。

この気づきが言葉だけのものとならないようにしたい。ブログで言葉を発するのもいいけれど、実際に本物を追求するのには勝らないと思う。

辛いときは辛い。苦しいときは苦しい。嬉しいときは、嬉しい。

そのシーンの全てに神様がいてくれるなら、意味のないことはないよね~。



●諸事情でしばらくお休みしていた賛美ユニット・Railway、ようやく再び活動をし始めることになった。先日、行きつけのペコサーレにて、平成の名女形こともんぶらんと会談をして、年内にアルバム的なものをちゃんと作りましょうと話す。僕はスパゲティーを頬張りつつ、「楽器弾けませんけどね~」と思っていた(笑)


hmj16-montai01.jpg

↑「暗いからカメラがぶれる」とか何とか言われ、同じ面白フェイスに何度もチャレンジさせられるもんぶらん。


hmj16-montai02.jpg

↑タニムーが作ってくれた手作りお弁当を食すもんぶらん。もちろん擬音は「むひょ~」。


hmj16-montai03.jpg

↑メガネは変わってもガリガリに変わりはない、自称いんちきプロデューサーのtaika。


顔はふざけた連中ながら(すみません^^;)、僕らの思いを遥かに超えた神様の働きに期待しつつ、制作に取り組んで参ります。

賛美したい!その気持でまずは十分だぜい!



★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村















●今日の休み時間、ふと時間ができたのでカラオケルームでなぜか1人撮影会を実施した。
光がとてもきれいだったよ。

…しかし最近、すっかり写真ブログ化してますね~~(笑)



hmj16-karaoke01.jpg




hmj16-karaoke02.jpg




hmj16-karaoke03.jpg




hmj16-karaoke04.jpg




hmj16-karaoke05.jpg




hmj16-karaoke06.jpg




hmj16-karaoke07.jpg





★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村






●さて今週初めの日曜は、選挙にも行かず、教会にも行けずデイの夏祭りに参加してきた。これは一年に一度、全曜日の利用者さんと家族を招いて行われる最大のイベントだ。高校でいうところの文化祭に近い。今回もボランティアさん、スタッフの家族の方もいれると総勢100名という大所帯で一緒の時間を楽しんだ。

スタッフにとっても、一か月近く通常の業務に加えて夜遅くまで残り、装飾や食べ物の手配、遊びの屋台の設置などしてきており、大変な期間だった。ちなみに僕が準社員とパートさんの間に挟まれ精神的に打ち砕かれたのもこの準備中だった(笑)

当日はきれいに晴れた。屋台あり、夜店風の遊びコーナーやくじ引き大会あり、慰問の方の踊りや介護スタッフによるよさこいソーランを披露したりと盛り上がった。怪我も事故もなく笑顔に溢れて、報われる想いだ。


…ということで少し写真で雰囲気のおすそ分けです~。
本当は人が写っているやつがおもしろいんだけどね。



hmj16-maturi01.jpg

↑全利用者さんのスナップ写真と、貼り絵でつくった大うちわ。80人分のポートレートは大変だった。自分の本職を見失うところだった。でもカメラの勉強にはなったよ。



hmj16-maturi02.jpg



hmj16-maturi03.jpg

↑手作り感満載の装飾。



hmj16-maturi04.jpg

↑前日、2階ベランダからつり下げた祭りの看板。「祭りす」って。アマリリスじゃないんだから^^;



hmj16-maturi05.jpg

↑かぼちゃ団子づくりもたいへんおもしろかった。けれど「ぶ厚すぎ!」と調理担当さんから叱られる。



hmj16-maturi06.jpg

↑何かの見本のようなこの豚串に、わたくしは感動いたしました。うまかった!



hmj16-maturi07.jpg

↑慰問でいらしたひょっとこダンサーズの皆さん。これで素顔なんて…。嘘!お面は特注だそうです^^



hmj16-maturi08.jpg

↑無事に祭り終了。風に飛ばされそうになりながら看板撤去する。高揚と脱力が入り混じったガリガリメガネ(笑)


神様ありがとう!護られましたあ~~!!



★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。