Hold Me Jesus 2

北海道在住のジーザスフォロワー・taikaのブログ。CFNJ聖書学院にて研がれる日々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


●昨日、道東と道南アウトリーチのチームが帰ってきて、
また賑やかな声が寮に響き始めた。
同室のD地君はそのまま実家に帰省してしまったので、
僕には一ヶ月ほど一人暮らしの期間が与えられている。

ものごとを捉え直すには充分な時間だ。

…聖書学院という所に入って、一学期を過ごした率直な感想は、
「じっくり練られ始めている」、その言葉に尽きると思う。
主の大きな御手が陶土の形をゆっくりと変え始めている。

イエス様のことを少しでも直に知りたくて飛び込んだこの環境で、
僕は今までどれだけ独りよがりな信仰を持っていたか知った。
もちろんそれも意味のある求道だったと思う。
でも、知識だけ詰め込んで、
ずいぶん頭でっかちになってしまっていたし、
外の世界にさらされないため、脆弱な部分もあった。

自分の好きなようにイエス様を捉えていたんだ。

学院の団体生活で、その独りよがりのメッキははがれてきた。
思うに任せない出来事の中で、人間関係の中で、
押し寄せるたくさんの行事の中で、教会の子供たちとの関わりの中で。
大きな流れでメッキは削られ、現れてきたのは自分の愛の無さだった。

「愛したい、関わりたい」そう願いつつも、
願いとはうらはらに、生身の、血の通った人間に怖じ気づく僕がいた。
考えてみたら、僕は本当の触れ合いを体験したことがなかったんだ。
自分からも群れを避けてきたし、
そうして胸の中にバーチャルな王国を築いているうちに、
人との関わり方を知らないままここまで来てしまっていた。

傷つくのも嫌だったし、誰かを傷つけるのも嫌だった。
だから、深く関わらずに、逃げていた。
決して居心地の良い場所ではなかったけれど、
そうして時間をやりすごしていた。

写真を撮るぐらいの距離で人と関われば充分と、
どこかで思っていた。



でも、イエス様に本気で近づこうと願うなら、
人と関わろうと願うなら、
多かれ少なかれ傷を負うことは避けられない。
イエス様ご自身が、これ以上ないほどの傷を負い、
僕らを愛されたからだ。
痛みを引き受けてくださったからだ。

「あなたは愛されている」。
それを伝えるために、命を投げ出してさえくれる方が、
他に、どこにいるだろう?

イエス様の打ち傷が、
どんな言葉よりも雄弁に、神様の愛を語っていると思う。

その神様から離れていた罪を、
イエス様が引き受けてくださり、僕らは赦された。
それを信じることができるなんて、
自分を何の条件もなしに愛してくれることを信じられるなんて、
何という素晴らしいことだろう。
夢物語、空想、現実逃避じゃないんだ。

それは本当のことなんだ。

そのことを知ってなお、僕は人の波の中で葛藤するだろう。
自分の言葉と行いの差に唖然とし続けるだろう。
幻滅もするだろう。
この瞬間にも恐れが差し込んで来る。

でも、ほんの少しでも、不器用ながらも、変わりたい。
痛みを受けてなお、人に近づけるようになりたい。
思い通りにならない歯痒さを乗り越えたい。

イエス様なしには到底できないことだ。

僕はその訓練のために、
この学院で少しずつ練られているのかもしれない。

見た目には何も変わらないようでも、
心に築き上げてきた架空の王国が、今、崩れていく。
外の世界から攻め込まれないように
高く築いた城壁も崩れていく。王座があらわになって、
そこには僕がまだ、居心地悪そうに座っている。

目を醒まして、そろそろ席を立つ時だ。
王座に座るべきなのは、真の王であるイエス様だけだからだ。




…決意して、委ねて席を譲ったその時。
初めて僕は本当の僕(しもべ)になれるだろう。






★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
神様と歩むライフスタイルを知って欲しいです。
応援クリックしていただけると、本当に嬉しいです!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


☆僕が通うCFNJ聖書学院のサイトです→こちらからどうぞ!


スポンサーサイト

●最近撮ったり撮られたりした諸々の写真です~^^




hmjs4-12.jpg

↑同じ歳の二人。




hmjs4-13.jpg






hmjs4-14.jpg

↑アウトリーチ打ち上げに行ったハンバーグ屋さんで。後ろの奇麗なネオンはパチンコ屋(笑)。





hmjs4-15.jpg






hmjs4-16.jpg






hmjs4-17.jpg

↑J1君とミンちゃんのやらせ写真(笑)。





hmjs4-19.jpg






hmjs4-18.jpg

↑旭川に行く直前に撮った写真。




★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
神様と歩むライフスタイルを知って欲しいです。
応援クリックしていただけると、本当に嬉しいです!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


☆僕が通うCFNJ聖書学院のサイトです→こちらからどうぞ!


●三ヶ月ほど前、
大事にしていたカメラのレンズを落としてしまった。
大事にしていたのならそれなりの扱いをすれば良いものの、
うっかりとしか言いようがない。
レンズキャップが見事に中へめり込み、
フィルターのガラスが割れた、しゃりしゃりという音が聞こえた。
まさに呆然である。

あれこれ救済措置をとってみたが、全く歯が立たず、
泣く泣く諦めてレンズを戸棚にしまった。

…そして昨日、朝祈っていた時に、
どういうわけか啓示のように想いがやってきた。
ペンチを使えば良いんじゃないか。
何故それを考えつかなかったんだろうね??(笑)

で、期待を込めて試してみたらビンゴだった。
若干手こずったけれどキャップは外れ、
フィルターのガラスも取り除けた。

試し撮りをしてみたら無事に使えた。
駄目かと思っていたのに。
まさに無くした銀貨を見つけた心境だ。

レンズのことにこんなにも喜んでいる自分に驚いた。
思った以上に、僕は写真が好きみたいだ。

で、これから載せるのがその喜びの試し撮りです。
学生寮の周りをあちこち撮ってみた。




hmjs4-1.jpg






hmjs4-2.jpg






hmjs4-3.jpg






hmjs4-4.jpg






hmjs4-5.jpg






hmjs4-6.jpg






hmjs4-7.jpg






hmjs4-8.jpg






hmjs4-9.jpg






hmjs4-10.jpg






hmjs4-11.jpg








★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
神様と歩むライフスタイルを知って欲しいです。
応援クリックしていただけると、本当に嬉しいです!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


☆僕が通うCFNJ聖書学院のサイトです→こちらからどうぞ!





hmj3-78.jpg

↑出発前の光景。左端のJ1君は見送りです。



●さて遅ればせながら今月の9日~12日にかけて行ってきた
旭川アウトリーチの報告だ。
全体的にジェットコースターのような流れに翻弄されつつも、
振り返ってみると本当に濃い体験になったと思う。

チームメンバーは5人。
リーダーのノンちゃん、学院スタッフJ也くん、調理担当のみっちゃん、
会計のミンちゃん、そして例によりカメラ担当の僕だ。

9日の午前、都合により3時間遅れで学院を出発する。
荷物に囲まれた後部座席で揺られながら過ごし旭川に到着する。
すぐに奉仕先の神居キリスト教会へ向かう。
牧師のF先生ご夫妻と打ち合わせをした後、
F先生と教会の方で建てたという、丘の上チャペルに行く。
なんと6年がかりで造り上げた建物だ。
周りは完全に森に囲まれ、遠くに旭川市街地が見える。
ここが僕らの宿泊先になり、ユースキャンプの会場にもなる。

先生に案内され、2階へ上がって驚いた。
無造作に置かれていたのは、三浦綾子さんの家で実際に使われていた食卓だ。
どういうゆかりがあるのかは聴きそびれたけれど、
先生が譲り受けたという。
さすがは旭川。三浦さん夫妻の大ファンである僕にはため息の出る逸品である。






hmj3-69.jpg





hmj3-70.jpg






礼拝堂の窓からは、ぐるりと緑が見える。
ただし山の中ゆえあちこちに昆虫君もいた。
この旅で自分の虫記録を更新したよ^^;
亡くなられた昆虫君もたくさんいたので、
さっそくチーム全員で主の宮を掃除した。



夕方は神居教会に戻り、次の日の教会バザーの準備に入る。
これは年1回の大イベントらしく、
特に子供たちがてんこ盛りにやって来るとのこと。
喜んでもらえるように、メンバーそれぞれが
風船やイラストを使って華やかに会堂を飾った。
カレー作りも終えて教会を後にし、銭湯で寛ぐ。

…僕は何だか風邪ぎみの予感がしていた。


hmj3-71.jpg

↑子供用に持っていった人形劇を抱えて。真ん中がJ也くん、左端は
短期宣教師のクリスタルさん。




10日、土曜日。
いよいよバザーが始まる。教会メンバーの方も集い、
ポップコーンや揚げパンなどが机に並べられる。
12時開場、さっそくとんでもない数の人々が並び始めた。





hmj3-72.jpg



hmj3-73.jpg







入れ替わり立ち替わり、70人までは数えたものの、
あとは「いっぱいいます」としか言いようのない状態になる。
玄関は靴で埋め尽くされ、会場はごった返した。
その中で僕らは紙芝居、スキット(パントマイム)などを披露した。

1時間半ほどでようやく波がひき、残ってくれた子供たちと
子供チャペルをする。ミンちゃんと僕が担当させてもらった。
個人的にはこの時間が最も神様を感じられた。
僕もがんがん福音を語らせてもらえたし、
ミンちゃんのギターも冴えていた。
ノンクリスチャンの子も最後には「イエス様を知りたい!」と手を挙げてくれた。


夕方、今度は丘の上チャペルにユースの子が集い、キャンプが始まる。
来た10人ほどは、全員女の子。兄弟たちは苦笑い。
賛美集会ではリードのJ也君、タンバリンを教えてくれたノンちゃん、
手話賛美をしてくれたみっちゃんと、他のチームメンバーが頑張ってくれた。

終わってからは銭湯に行き、一応就寝…、
だけど子供たちは3時近くまで起きてたという。あらら。
僕は部屋で寝袋にくるまりながら、
「何だか変わった人生歩んでるなあ」と思った。





hmj3-75.jpg






11日、寝ぼけまなこで皆起き出す。
10時半から礼拝。僕らチームは特別賛美とスキット「Everything」をさせてもらった。
これはすごく迫力のあるスキットで、罪に溺れる人と、それを庇い救い出してくれる
イエス様の姿が言葉なしでもわかるようになっている。
練習時間は少なかったものの、さすがに本番では聖霊様が働いてくれて、
良い出来だった。


礼拝が終わってからはようやく僕らの担当分が終了、
一気に虚脱する。心なしか僕の風邪も悪化してきた様子だ。

プログラムも事前に見越していたはほとんど崩れたものの、
神様がしようと思われたことは成った、と思う。


学院卒業生のMご夫妻とも交わりの時をもてた。





hmj3-74.jpg







3人のお子さんたちが本当に可愛かったよ。
特に何度も階段を上り下りしてた末っ子の坊や。




12日、月曜。午前中は観光ということで三浦綾子記念館に行く。
これは僕の数年越しの悲願だった。見事に達成した。
そして余りあるビッグサプライズがあった。
何と、綾子さんのご主人、三浦光世さんに生でお目通り叶ったのだ。

館内を感動しながら眺めていて、ふと後ろを見たら光世さんがいた。
驚いたったらなかった。
光世さんは僕らに10分ほど色々なエピソードを話して下さった。
エッセイで何度も読ませてもらった話を、
生で聴けるなんて感動である。

後でスタッフの方に尋ねたら、
光世さんが月曜日に来館するのはまちまちだとのこと。
本当に光栄としか言いようがない。

最後に記念写真を撮り、光世さんに握手してもらったが、
手が、どう考えても壮年のそれだった。
力強い手だった。
この人が綾子さんを支え続けてきたんだと思うと、心が震えた。



hmj3-76.jpg

↑感無量の一枚!




昼になり、昨日お会いした先輩Mさんとラーメンを食べ、
いよいよ旭川を後にする。
途中、富良野に寄ったものの雨降りでまいった。
韓国、中国、日本の三か国にわたる観光客の渦にもまいった。
おまけに僕は風邪ひきだしラベンダーにもさほどの興味はないときている。



hmj3-77.jpg

↑だから写真もポワーンとしてます^^;




…3泊4日のこの旅は、面白いとかそうでないとかを超えた感じだった。
クリスチャンが一致することの難しさも味わったし、
同時に、チームでひとつのことに取り組む充実感も溢れていた。

団体行動が苦手な僕も、まずまず頑張ったと思う。


そして、神様の想いは、僕らの小さな考えやプランや、
プライドを吹き飛ばすぐらいすごいとわかったよ。






★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
神様と歩むライフスタイルを知って欲しいです。
応援クリックしていただけると、本当に嬉しいです!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


☆僕が通うCFNJ聖書学院のサイトです→こちらからどうぞ!


hmj3-68.jpg






●先週の金曜は卒業式があり、4名の卒業・修了生を皆で送り出した。
うちの学院は毎学期ごとに入学を受けつけているので、
学期の終わり、こういう形で巣立つ学院生もいる。

特に個人的には、ブログ仲間のまさちゃんが
卒業するのに感慨を抱いた。
僕が学院に入る前から、ネットを通して知り合いだった彼女と、
短い期間とはいえ一緒に聖書を学べたのは不思議で、
かつ感謝なことだった。


卒業式は賛美礼拝から始まった。
学院長自らがリードをとる。
そしてメッセージは、九州から来られた特別講師のY村先生がしてくれた。
川のせせらぎのような柔らかい語り口で、
意味がたっぷり込められた話だった。
特に心に残った部分はこれだ。

「ある種の人というのは、いてもいなくても似たような目立たない存在
かもしれない。しかし、その人がいなくなって初めて、陰でどれだけ場を支えて
くれていたかが分かる。そういう人は大切です」。
これはまさに僕が目指している立ち位置そのものだったので、励まされた。

イエス様に分かってもらえたら、それでいい。

…祝辞、卒業証書の授与が終わり、
卒業生たちが前で、先生方から祈られる恒例の時間があった。
カメラを抱えながら、僕は何だか泣けてきてしまった。

神様に導かれて、たくさん学び、取り扱われ、
子供として鍛錬を受けた4人の学院生活を想った。

今、祝福の中で送り出されていく。


式の後は寮の食堂で祝会が行われた。
僕はこの日に向けて寝る間を削って卒業記念ムービーを作らせてもらっていた。
初めて使うMacの映像ソフトと格闘しながらの一週間だった。
いよいよお披露目だ。

結果は大好評で本当に嬉しかった。
在校生も、関西三姉妹からの漫才コメントなど個性満載のメッセージで
中身を濃くしてくれた。

その他にも賛美あり、インタビューあり、
先生方の激励ありとあっという間の2時間だった。


卒業生の皆さん、おめでとうございます!
僕は学院に来て4ヶ月になるけれど、学びと生活全てにおいて
思い切り取り扱われるところだと分かってきた。
だから2年もそんな日々をイエス様と共に乗り切ってきた
先輩たちを、心から尊敬する。

God bless you!!!





★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
神様と歩むライフスタイルを知って欲しいです。
応援クリックしていただけると、本当に嬉しいです!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


☆僕が通うCFNJ聖書学院のサイトです→こちらからどうぞ!



●6月29日は学院で伝道リサイタルがあった。

近隣のグループホームのお年寄りや学院近所の方をお招きし、
色んなプログラムでイエス様のことを伝えていく催しだ。
ほぼ毎学期、実習の総決算として開かれている。

今回もオカリナ演奏、サインダンス、ゴスペル漫才、
そして学院長の鍛冶川先生が神様から召命を受けた経緯を
演劇化したドラマ公演と盛りだくさんだ。



hmj3-64.jpg

「どうも~、余分三兄弟です~」





hmj3-65.jpg

↑関西三姉妹によるゴスペル漫才。息がぴったりすぎ。


関西人にはボケと突っ込みのDNAがあるということを見事に実証する、
素晴らしい出来映えのネタでした。伝統芸に近い。
笑いの応酬に、きちんと福音も盛り込まれていた。
真ん中にいる、みゆき姉さんがつくったネタ。
YouTubeとかで流したいぐらいだ。





hmj3-67.jpg






一方…僕が出演したのはドラマ公演である。
右端のハワイから来た牧師役。
最初は役づくりと称して台詞を英語訛りにしようと思ったが、
どう頑張ってもコント風になり断念(笑)。
左端が学院長の鍛冶川先生、
その隣が先生の若かりし頃を演じたユウくんだ。
ミンちゃんが挑戦したのは、デザイン会社の強面社長役。
恐ろしいほど、ぴったりでした。

あと、僕はクライマックスでユウくんが聞く、
神様の召命の呼び声も演じた。
マイクで後ろから話しかける。
これは牧師役より緊張した。
何しろ神様の声だ。
とちったり、咳き込んだりしたらアウトじゃないですか^^;
何とかこなせて良かったよ。




hmj3-66.jpg

↑リサイタル終了後、皆で歓談する。
お客さんは全部のプログラムを喜んで見てくれて嬉しかった。


しかし入学前にも感じたけれど、この学院は誠に芸能関係に強い。

関西三姉妹には笑いの賜物があるし、
司会をしてくれたクマちゃんはオカリナが吹ける。
同室のD君は楽器が何でもござれで、
ギター、ベース、ドラム、ピアノが弾ける。
つまりD君が4人いたらバンドが出来るってことですね^^

ドラマクラスにも演技派が揃ってるし、
2学期にどんな新しい賜物が花開くか、楽しみだ。






★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
神様と歩むライフスタイルを知って欲しいです。
応援クリックしていただけると、本当に嬉しいです!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


☆僕が通うCFNJ聖書学院のサイトです→こちらからどうぞ!










ようやくテスト期間を過ぎ越した(笑)。
頭も心もフル回転のここ一ヶ月ほどだったけど、
少し時間ができたので更新。
ただいま朝の4時。

帯広の母教会の月報に載せることになった近況を、
こちらにも転載します^^









hmj3-63.jpg








ハレルヤ!皆さん、お久しぶりです。
先日そちらの近況を伺い、Hさんのご結婚や、
Mさんの新しいお嬢さんのことを知りました。
それぞれに祝福を受けられているようで何よりです。

僕は石狩に来てから既に3ヶ月が経ち、
もうじき学院も1学期が終わろうとしています。
体調も護られ元気にやっています。
風邪をひかなくなりましたね。
聖書の学びはとても充実しています。
何しろ知りたくてたまらなかった神様、
イエス様、聖霊様のことを日々教えてもらえるので、
嬉々として授業を受けています。
「新約概論」「日本教会史」「牧会論」
「ルカ福音書講義」など飽きる事がありません。
講師の多くは現役の牧師先生ですので、
話が実践的なのが良いです。
クラスは1、2年生合わせて15名、
同級生には、同じ歳の韓国から来た
宣教師のキム兄弟が与えられ、
お互いに支え合いながら過ごしています。
選択科目は演劇伝道コースをとりました。
自分が舞台で演技しているなんて
信じられない感じです。
これからリサイタルが控えています。

寮生活でも随分鍛えられています。
学院図書館、寮の廊下掃除が割り当てられ、
始終掃除しています。
聖書学院じゃなくて“清掃学院”みたいです(笑)。
高校以来久々になる相部屋での人間関係、
最初はかなり戸惑いましたが
ようやく2段ベッドにも慣れてきました。
またゲストルーム係も拝命し、
外部からお客様がみえる度、
客間でホテル並みのベッドメイキングをしています。
まさに全人的な訓練の場ですね。

学院では、奉仕教会を決めて
仕えることになっています。
僕は石狩ジーザスコミュニティーチャーチ
という所に行っています。
韓国人の牧師先生が開拓して4年目の教会です。
学院に隣接したキッズホールを借り、
活動しています。
子供のミニストリーに力が入っていて、
僕も教会学校の教師として賛美リード、
メッセージの奉仕をさせてもらい始めてます。
奉仕メンバーが少ないこともあり、
早速いろいろと実践させてもらえるのが嬉しいです。
体で覚えていくという感じです。
頭でっかちの自分には何よりです。

…7月の3日より夏休みに入ります。
とはいえ、全道から参加者を募っての
ユースキャンプ、旭川へのアウトリーチ、
教会では韓国からの短期宣教チームを
迎えての伝道など、予定が目白押しです。
この中でも訓練されながら、
芽生えている献身の想いが育って
いくのを願っています。
経済的には目減りする貯金を眺めながら
一抹の焦りを感じる事もありますが(笑)、
必要があるなら神様が満たしてくださるでしょう。

全てのことに感謝です。

それでは、皆さんも生きた大きな主の御手の中で、
さらに絆が深められ力強く前進されますよう、
祈っています。そのうち帯広に帰って、
ゆっくり分かち合いができたらと思っています。

福井 大化拝




★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
神様と歩むライフスタイルを知って欲しいです。
応援クリックしていただけると、本当に嬉しいです!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


☆僕が通うCFNJ聖書学院のサイトです→こちらからどうぞ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。