FC2ブログ

Hold Me Jesus 2

北海道在住のジーザスフォロワー・taikaのブログ。CFNJ聖書学院にて研がれる日々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

kitami01.jpg

↑タニムーの心づくしの朝食^^




●さて9時に車を出した僕らはどこまでも北海道丸出しの光景の中を進んで行った。視界の3分の2を占める青空と雲、色づく畑を越える。僕は前日、中途半端にしか寝ておらず、車中でさっそく睡魔に襲われ昏倒した。気づけば12時頃、北見に近づいている。初めて来たが国道の辺りなど思ったよりずっとひらけていて驚いた。腹ごしらえをしにヨーカドーの食事ゾーン・ポッポに寄る。




kitami02.jpg

↑見よ、各種の麺類を平らげた3人の勇姿を!





それから会場のピアソン記念館へ行く。庭に既に椅子が並べられ、札幌バプテストの皆が準備に勤しんでいた。久しぶりのエツくん、としくんたちと握手を交わして、さっそくもんぶらんは賛美の打ち合わせに、僕は川へ洗濯に向かった。集まったのは総勢20名ほどだろうか。午後1時、エツくんの初々しい司会で集会が始まる。メインのメッセンジャーは何と御歳94歳のT先生だ。数々の教会を開拓してこられた先生は、まさに今日の目的にぴったりの方。本当に若々しく神様パワーがみなぎっている。うちのデイでだったら”長寿番付”に載ってもおかしくないほどなのに。




kitami03.jpg





kitami04.jpg





kitami05.jpg





kitami06.jpg

↑司会をしてくれたエツくん




kitami07.jpg

↑何をやらせても男前のとしくん





kitami08.jpg

↑年齢を全く感じさせないT先生





kitami09.jpg






お話は先生の人生の歩みと相まった、開拓の心構えについてだった。小手先のテクニックではなくて、まずは心にイエス様をしっかりと受け入れることが大切だ。伝道は主ご自身がなされることで、自分には才能や賜物がないと気後れする必要はないそうだ。背中は主が押してくれて、外へと向かえる。遣わされた地域のニーズに応えるための勇気が与えられる。そして「苦しみは全て、最後には喜びに変わる」と力説されていた。キリスト教にほとんど理解のないこの国で、開拓して教会を建て上げて行くわけだから、その苦労は並大抵のものではなかったはずだ。でも最後には結んだ実を見ることができる。その大きな喜び。

先生は最後に「このように小さな私に、話をする場を与えてくれて感謝しています」と言っていた。このへりくだりも素晴らしいと思った。こういう謙遜があるからこそ、神様に半端なく用いられる方となったんだと思う。

数曲の賛美は、札幌の皆が奏楽をしてくれて、スーツを着たもんぶらんが前でリードしてくれた。違う教会の人たちだろうが、一緒に声を合わせて歌う賛美は格別で、嬉しかった。同じ主を信じているからこそできることだ。





kitami10.jpg






木立の中で集会をしていたせいか、日差しはあるのにすごく寒い^^;
それでも青年大会が終わった後、再度全員で礼拝を捧げた。それからピアソン館を見学する。この偉大な伝道者夫婦の拠点になった家を建てたのは、これまた建築界では定評のあるクリスチャン建築家のウォーリズである。似た仕事をしているうちの父が以前から彼に興味を持っていて、僕もDVDを借りて観たことがあったので、実際に中を見れて良かった。木造の温かみのある家だった。シンプルで、なおかつ色づかいや調度に品を感じさせる。





kitami11.jpg





kitami13.jpg





kitami14.jpg






ここで札幌の皆と、旭川に奉仕に向かう松崎先生と別れ、若者2人と空気おぢさん(僕のこと)はファミレスへ行く。冷えた体に八宝菜のあんかけチャーハンほど沁みるものはなかった。一口目を食した僕の第一声は「熱いよ!!」だった(笑)


いよいよ帰路につく。お腹も満たされ最近飲んでいる薬のせいもあって、僕はまたしても車中で口を開けっ放しで爆睡していた。もんぶらん&タニムー、チャーハンよりも熱いカップルの邪魔をしないように存在感を消していたといえば聞こえはいいが、とにかく眠かったっすよ。往復6時間もの運転を頑張ってくれたもんぶらん、ありがとう!

…いろんな意味で一日あっという間だったけれど、まずは伝道が特別な選ばれし人のものではなく、誰にでも開かれていると知っただけでとても勇気が出た。何しろ生き証人が語ってくださったわけだから。としくんからCFNJ聖書学院のこともあれこれ聞けて、期待も高まってきた。

神様、全ての行程を護ってくれて、また新しい出会いをくれて感謝です!!





kitami15.jpg







★たくさんの人にイエス様のことを伝えたいです。
皆と一緒に、同じ神様信じていきたいです。
よかったら応援クリックよろしくお願いします!
他の仲間のブログもよろしく~!
↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://holdmejesus.blog47.fc2.com/tb.php/349-43bea473

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。