FC2ブログ

Hold Me Jesus 2

北海道在住のジーザスフォロワー・taikaのブログ。CFNJ聖書学院にて研がれる日々。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

グラッサー博士の選択理論―幸せな人間関係を築くためにグラッサー博士の選択理論―幸せな人間関係を築くために
(2003/07)
ウイリアム グラッサー

商品詳細を見る




先日、このブログに「人間関係が苦手」と書いた。あれからも心のどこかでそのことを思い続けてきた。そしてじわじわと分かったのは、人間関係が苦手と感じるのは、繋がるよろこびを知らないからかもしれないということだった。単純に。

お部屋の相方、くまちゃんは心理学好きだ。お勧めの本を借りて、読んでいる。『グラッサー博士の選択理論』。その中に、“上質世界”という考え方が出て来る。簡単に言うなら、自分が周りや人々に対して抱く理想のようなものだ。客間というより、個人的な書斎。

僕も、その上質世界を振りかざして、周りを眺めていたのかもしれないと思った。そしてそこに理想が見いだせないとき、簡単に関わりを諦めて、自分の書斎に引きこもってしまう傾向があった。幸か不幸か、ひとり遊びは苦にならない性格なので、今まではそれでやり過ごしてしまった。

でも聖書は関わりの大切さを語る。「人がひとりでいるのは、よくない」んだ。第一、僕らが信じている三位一体の神様も、父、御子、御霊の完全な愛の交わりの中にある方だ。そして確かに聖書では、モーセやダビデ、パウロといったひとりの人、個人が大きく取り上げられているけれど、彼らはしっかり、他者との関わりを持ち続けた。イエス様は、父なる神様と僕らとの関わりを回復するために、地上に来てくれた。教会だって、ひとりだけではなりたたない。

わいわいきゃあきゃあということだけが、関わりではないことを、ちょっと忘れていたと思う。そこに上手く入れないだけで、関わりそのものを敬遠するのはもったいない。お互いの“上質世界”、書斎に入りあって、深いところで繋がることもできるんだ。そこで生まれる、新しい意味、広がりもあるんだと思う。

個人的な話だけれど、伴侶を求めることも、半ば「どちらでもいいです」と思っていた(笑)。でも、可能性があるならば、関わるよろこびを求めたいと、気持が変わってきた。もちろん関わる大変さ、煩わしさもあるだろうし、今すぐにどうこうではないにしても、お互いの世界観を変えあう、そして高めあう関わりが築けたらいいと思う。祈ります。

…コミュニケーションへの苦手意識を、少しずつ拭い去っていけるように。たくさんでなくてもいいから、深い交流ができるように。

僕と同じ気持を抱いている皆さん、諦めずに、頑張りすぎずに、周りと繋がっていきましょう!神様も喜んでくれると思うよ。練習台として、僕を使ってくれてもありがたいです。僕の練習にもなるので^^

ブログの右のバー、下の当たりにフェイスブックの入り口もあります。是非、繋がりましょう!!





☆僕が通うCFNJ聖書学院のサイトです→こちらからどうぞ!

☆教会のサイトはこちらです→ジーザスコミュニティー石狩教会

スポンサーサイト
2011.07.31 04:03 | 信仰・想い | トラックバック(-) | コメント(1) |

私自身、ウイリアム・グラッサー氏の教えを学んだことがありますが、とても核心を突いた、深い言葉だと感じています。記事を読みながら、改めてそのことを実感しました。

2012.10.23 21:01 URL | フランクリンプランナーに挑戦中 #RNLco2p6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。